競馬予想〜ころがしとは〜

競馬予想〜ころがしの特徴〜とは-

馬券の買い方として、ころがし馬券というものがあります。ころがし馬券とは、前のレースで的中させた払戻金をそっくりそのまま次のレースに賭けて増やしていくというものです。例えば、1000円の馬券を購入し、単勝3倍の馬券を的中させた場合、払戻金は3000円になります。それをそのまま次のレースで単勝2.5倍の馬に賭け、それが当たれば、払戻金7500円をその次のレースに賭けていくというものです。単勝をころがして成功したケースで有名なのが、2003年の宝塚記念です。その年の宝塚記念が行われる前日午前に、その年に優勝したヒシミラクルの単勝に大量投票があり、オッズが一気に1倍台となり、話題となりました。その後、10倍以上のオッズとなったヒシミラクルは勝ち、払戻金が2億円前後になったという出来事です。一説には元手50万円をG1レースの単勝をころがしていくうちに結果として2億円になったというものがあり、競馬ファンの間では今でも有名な話として広まっています。

単勝で行うのは多少のリスクがあることから、多くのケースでは複勝でころがし馬券を行うケースが主流です。この場合の予想方法としては、確実に来る馬かどうかが焦点となります。1日レースを行えば、単勝1倍台という馬が何頭か出ます。その馬が本当にそれだけの実力なのか、抜きんでた存在なのかというのを確かめ、その通りであればそれを買い、そうでなければパスするというのが基本的なやり方です。もちろん、予想する側がこの馬は間違いないと思えば、人気がなくてもそこにころがすということは可能です。ただ、長い回数を勝ち続けるのは難しく、どこで下りるかもまた難しいのがころがし馬券です。