競馬予想〜平場の特徴〜

競馬予想〜平場の特徴〜とは-

競馬には、平場戦、特別戦、重賞というようにレースを区分することができます。平場戦は一般レースとも呼ばれており、特別競走以外のレースを指します。厳密にいえば、重賞も特別競走の一種ということになります。特別競走は、特別登録を必要とし、登録料を支払って出ることになります。

平場戦は主に、新馬戦、未勝利戦、500万下、1000万下、障害レースでは障害未勝利戦、障害オープン戦が対象です。以前は平場でもオープン戦があり、シンザンなど時の名馬が調整のために出走することもありました。その際には斤量をかなり背負わされるため、減量騎手が騎乗することが多く、時の名馬に当時の若手がレースで騎乗することのできる貴重な機会となっていました。最近ではダートの準オープンクラスの層がかなり厚くなり、除外が連発したことで平場の準オープン戦が行われることもあります。

平場戦の特徴はなんといっても減量騎手の存在です。若手騎手は最初のうちは3キロ減で出走することができ、勝ち星に応じて2キロ減、1キロ減となっていきます。そのため、積極的に若手騎手を乗せる厩舎も多く、そこが予想をする上での大きなファクターになります。若手騎手をあえて起用する、もしくは決めきれず、リーディング上位の人に乗り替わりとなるケースなど様々あり、それをどう捉えるかが競馬ファンによって全く異なります。また、午前中の平場戦は未勝利戦などが多く、データもある程度限られていること、もしくは初めて芝を使う、ダートを使う、新しい距離に試すなど試行錯誤をしてくる厩舎が多いことから、それがハマって大穴につながるということもあるため、結構な配当になることも多いのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です