競馬予想〜名馬〜

競馬予想〜名馬の特徴〜とは-

日本の競馬の世界ではこれまでに数々の名馬が誕生してきました、その中の1頭がディープインパクトです。天才武豊騎手を鞍上に3歳クラシックレースのすべてを制覇したこの馬は、馬券を予想する際も軸からは外せない存在でした。単勝のオッズは常に1点台でしたが、この馬を外して穴馬券を買う勇気を大半の競馬ファンが持てなかったのです。

ただし、名馬といえども競走馬生涯のすべてのレースで勝つことは至難の業となります。連想馬券の軸には入っても、伏兵馬に足元をすくわれての2着というケースは競馬では多々あります。かつて、岡部幸雄騎手を背に破竹の勢いで勝ち進んだシンボリルドルフという馬がいました。しかしこの馬ですら、秋の天皇賞でギャロップダイナという伏兵に敗れて2着になったこともあるのです。

単勝オッズ1台倍のシンボリは2着は守りましたが、単勝オッズ80倍を超える馬との馬券に関しては、馬番連単がある今の時台ならば万馬券になっていた可能性も十分にあります。現在の日本中央競馬会の馬券では、単勝や複勝の際には馬名も表記されています。従って名馬の馬券を購入し、馬名の入ったその馬券を記念にコピーして保管しているファンもいます。J

RAの競馬場やウインズにもそういったファンに対応するため、コピーサービスをしてくれる場所があります。コピー代金は馬券1枚につき10円です。また、牝馬の名馬も多く誕生しています。近年では3歳の身ながら参戦したジャパンカップも制したジュンテルドンナが記憶に新しいです。また、牡馬混合のG1レースでたびたび好走したウォッカも名牝として多くの競馬ファンの記憶に残っています。また、ヒシアマゾンという馬もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です