競馬予想〜エージェントとは〜

競馬予想〜エージェントの特徴〜とは-

エージェントは騎手に騎乗馬を斡旋する仕事をする人であり、JRAでは騎乗依頼仲介者と紹介され、その一覧をJRAのホームページで見ることができます。以前、騎手がどの馬に乗るかは、所属する厩舎の調教師が決めており、調教師に一任されていました。しかし、特定の調教師に属さないいわゆるフリーの人が圧倒的に多くなったことで、調教師に一任されていたものが騎手独自で管理するようになり、その結果、リーディングを狙うような騎手の場合には騎乗馬の管理が難しくなっていました。そこから、競馬新聞の記者などが介入するようになり、騎乗馬の管理、騎乗依頼などを調整するようになり、エージェント制度が徐々に作られていきました。

エージェントは必ずつけなければならないというものではなく、厩舎に所属する騎手の中には今まで通り調教師に任せている人もいます。ただ、同じエージェントの騎手同士で騎乗馬を交換したり、調整したりするケースがあるため、特定のエージェントの騎手が勝ち星を量産するというケースが出ています。そのため、予想の際にはどのような乗り替わりがあったかを見ることが大切です。馬主によっては特定のエージェントと仲良くなっているケースもあるため、エージェントの営業次第で乗り役の成績が大きく左右するというのも今の競馬の特徴にもなっています。騎手の中にはエージェントをひっきりなしに変える人もおり、そういう人は同業者からの信用を失うということもあります。また、別業種で働いていた人が参入したり、特定のジョッキーだけを面倒見る人もいたり、特色も見られます。ここの部分にも予想をする上でのファクターが転がっていることがわかり、注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です